blog.earth-c.org

EARTH CONSCIOUS ORGANIZATION
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 冬至に日には | main | HP用のFlash のテスト >>

06年冬至キャンドルナイト報告

冬至と言えばゆず湯、子供と一緒に入り暖まりました。
「なんでみかんが入っているの?」と質問され子供にわかりやすく説明するのって
難しいですね。
日本って季節、季節にちゃんと伝統行事があり昔の人たちはすごいなーと思いました。

さて、風呂から出て子供たちを寝かしつけてからキャンドルナイトをはじめましたので
1時間開始が遅くなりました。
今回は、ロウソクではなくキャンプでテント内の照明に使う電池式のランタンでやってみる事にしました。
電池式のランタン
これは今流行のLEDタイプではなく、豆電球式?なので良い感じの明るさです。
しかしショック寝床でキャンドルナイトしたので(当然、電気式のファンヒーターも消したので、寒いので布団に入っていた)
体が温まり、暗いと月眠くなりランタンの明かりも消して寝てしまいました。zzzこれぞ究極の省エネ、暗くなったら寝る、古代からのDNAにインプットされているスイッチが正常に働いたようで・・・。

巷ではツリークリスマスのイルミネーションが個人宅で競い合い、街にはネオンやライトアップ、そしてやはり、この時期は電飾飾り、時期が、時期だけにしょうがないが
冬至、キャンドルナイト時間だけでも消していただけると言いのだがどうだったんだろうか?。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.earth-c.org/trackback/326301
この記事に対するトラックバック